胃もたれを予防する方法

胃もたれは胃の機能が永続的に低下してしまい、一度慢性化してしまうと対処が難しいものですが、そうなる前に予防することは難しいことではありません。基本的には消化の良い食べ物を基本とし刺激物を摂りすぎないようにすること、またストレスをできるたけ溜めない・うまく解消することを心がけることで胃もたれを予防することができます。

 

食事と胃もたれの関連性は明白です。日常的に消化の悪いものや刺激物を食べ続けていれば胃に負担をかけ、胃の機能の永続的な低下を招きます。特に胃粘膜は慢性的に傷ついていると足の長い草が刈り取られるかのごとく、粘膜が徐々に薄くなっていってしまいます。

 

こうなると胃壁もより直接的に胃酸の刺激にさらされるようになり、組織が痛んで機能が低下していきます。消化の悪いもの・刺激物を一切摂ってはならないというわけではありませんが、あまり摂りすぎない・頻繁に食べ過ぎないようにしましょう。

 

また、ストレスは胃に大きな影響を与えます。胃は予想以上に自律神経系の影響を大きく受ける臓器であり、自律神経系の乱れによって胃の働きも大きく損なわれます。特に活動性を司る交感神経が優位になりすぎると胃の働きが大きく低下することがわかっています。

 

ストレスによって攻撃性が高まると交感神経が優位になるため、普段からストレスを受けることは胃もたれの直接的な原因となり得ます。ストレスを根本的に避けることは難しい人も多いと思いますが、溜めないようにストレス解消の手段を用意しておくことは胃に限らず心身の健康に重要と言えます。