悪玉菌は体内に必要なのか

悪玉菌は体内に必要なのか

悪玉菌が体内に存在するメリットは果たしてあるのでしょうか。その名前の通り、悪玉菌は体内で悪い働きをしてしまうものを指しています。たとえば大腸菌やウエルシュ菌が有名ですが、これらの菌は脂肪分やタンパク質を好む傾向にあり、これらの食べ物を腸内で分解する際に発がん物質を出したりすることもわかっています。

 

また、悪玉菌の増加は免疫能力の低下を促します。たとえば口内であれば、悪玉菌が増えることで歯周病になりやすくなったり、また腸内の悪玉菌が増えると善玉菌の活動が制限されてしまうため、栄養分の十分な吸収が出来なくなります。

 

まさに、悪玉菌という名前の通り悪い事ずくめの菌なのですが、実は完全に無くなってしまっても身体にとって悪影響があると考えられています。悪玉菌の存在が完全に消えてしまうと、善玉菌が正しく機能しないのではないかという疑いもあります。大切なのは何事もバランスなのです。

 

ただし、一つ注意して欲しいのは、悪玉菌を死滅させようにも、そんなことほとんど不可能に近いということを忘れてはいけません。善玉菌も含めてそうですが、体内に昔から住み着いている菌を排除することはそう簡単にできるものではありません。

 

善玉菌は年齢と共に減少していく傾向にあると言われていますが、悪玉菌の場合はそういうわけでもなく年齢と共に優位に立っていきます。

 

これらの理由から、善悪それぞれのバランスは大切なのですが、やはり悪玉菌を排除する方向に力を入れるべきことがわかって頂けると思います。